イトーヨーカドーのカードの魅力について

全国展開するスーパーの一つのイトーヨーカドー。現金での買い物ももちろんオーケーですが、カードを使えばさらにお得に利用できます。

etcカード 即日発行
セブン&アイ・ホールディングスのイトーヨーカドーではセブンカードやセブンカードプラスの利用が便利です。
両者の違いを簡単に比較しながらそれぞれの特徴を解説します。

sevencard

まずは前者から。初年度の年会費は無料、次年度以降からは5万円以上の利用で無料、それ未満では年会費が500円かかります。また、家族ごとに持てる家族カードもあり、こちらは200円となっています。

 

sevencardplus
一方後者はというと、こちらも初年度は年会費無料、次年度からは5万円以上の利用で年会費は無料、それ未満では1000円の年会費がかかります。ただ、こちらは家族の制度がありません。家族で使いたいならセブンカードがお勧めです。

 

また前者はイトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズなどでの利用で100円で1.5ポイント付与されますが、後者はセブンイレブンなどで200円で3ポイントとなっています。より単位が細かい分、お得に使用したいなら前者がお勧めです。
また貯まるポイントも前者がセブンカードのポイント、後者がnanacoのポイントと異なりますが、最終的に手数料無料でnanacoに変換して使うことが多いので、ここはさほど問題になりません。

イトーヨーカドーメインならセブンカードを、セブンイレブンメインならプラスを利用するのがいいでしょう。

安心して使えるクレカについて

クレカを持っていない人の中には不正利用が、怖くて安心して使用することができないという人も多いのではないでしょうか。
ニュースなどでスキミングや番号を盗みとられて不正利用をされてしまったという話を聞くと、そのように不安に思ってしまうことも不思議なことではありません。
それでは、クレカは安心して利用することができないものなのかというと、そのようなことはなく実は現金と比較してもクレカのほうが安全性は高いのです。

thinkingpc


それではなぜクレカのほうが怖いイメージがあるのかといえば、それは利用限度額が大きいためです。
限度額が低いものでも30-50万といった金額を使うことができるので、日常生活でそれほどの大金を持ち歩くことがないだけに、落としてしまった時にそれだけ使われると思うと不安になってしまうものです。


しかし、実際には不正利用されたと発覚した時にはカード会社に申し立てればその分を請求されることはありませんし、またカードを落としてしまった場合にも直ぐに連絡をすれば利用を停止してもらうことができます。
これが現金であった場合、普段持ち歩いている金額は多くないかもしれませんが、落としてしまったりとられてしまった場合などはその分がまるまる損失になってしまいます。
そのため、現金には所持金以上に失うことはないという安心感はありますが、落としてしまった時にはすべてを失ってしまう可能性が高いのです。
しかし、クレカの場合は不正に利用された分は請求されることがないので、安心して利用することができるのです。

セブンカードとセブンカード・プラスの違い

セブンカードにはセブンカードとセブンカード・プラスという2種類のカードがあります。

セブンカードはイトーヨーカドーやセブンイレブンで知られるセブン&アイホールディングスのクレジットカードです。
カードを使って買い物をすると、イトーヨーカドーなどで使えるポイントがたまり、1ポイントを1円として次回の買い物に使えるので特に主婦に人気があります。


さらにセブンカードはクレジット払いを利用すると、何か手続きをしなくてもnanacoポイントを貯めることができます。
提携するクレジット会社はVISAとJCBから選ぶことができ、いずれも全世界で通用するクレジットカードなので海外旅行などでもセブンカードで便利にショッピングをしてポイントがためられます。

 

また、セブンイレブンでのクレジット払いなら1.5%のポイント還元を行ってくれるので、よりお得にnanacポイントを貯めることができます。
買い物をすればするほどポイントを貯めることができて便利です。セブンカードは利用できる店舗も充実しているので、賢く買い物ができます。ショッピングをするときにセブンカードを持っていれば、安心してショッピングを楽しめます。nanacoポイントは加盟店でお買い物ができるので、貯めたポイントで好きなものを購入することができます。


セブンカードの気になる年会費は、初年度は無料で持つことができます。
次年度も利用金額に応じて無料になるので、とってもお得に利用できるカードです。

 

セブンカード・プラスにはセブンイレブン、イトーヨーカドーなどで利用できる電子マネーnanacoの機能が付いていて、nanacoポイントがたまります。すでにnanacoカードかnanacoモバイルを持っている人はnanaco紐付型、1枚のカードでまとめて利用したい人にはnanacoカードとクレジットカードを合わせたnanaco一体型を選ぶことができます。


どちらも初年度は年会費無料ですが、次年度からセブンカードは年会費が500円、プラスカードは1000円という違いがあります。その他カードに付帯する海外旅行・国内旅行保険やリボ払い・一回払いのキャッシングサービスなどはどちらのカードも違いはありません。毎月8の付く日にイトーヨーカドーで5%割引が受けられるサービスも同様です。自分のためたいポイントに応じてカードの種類を選びましょう。

コナミコマンド